ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン5 第4話 エレナ どういうつもり!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

シーズン4、シーズン5これまでの各話あらすじはこちらからCheckしてくださいね!
→ヴァンパイア・ダイアリーズ 各話あらすじ

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

以下はネタバレ含まれますので、ご注意を!

スポンサーリンク
広告336

ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン5 第4話
「誰がために鐘は鳴る FOR WHOM THE BELL TOLLS」のネタバレあらすじ

  • ステファンの記憶を戻すため、デイモンはステファンに過去の日記を読ませ、これまでの経緯を話します。ステファンが血に飢えて人を襲わないようにするために奔走しますが、ステファンは全く記憶が戻らず、元殺人鬼の血が騒ぎます、エレナはそんなステファンが心配で、ボニーの力を借りるべきだと言いますが、デイモンもボニーに連絡をしても返事がなかったと言います。
  • そんな中、記憶をなくしていた自分が怖くなったマットはジェレミーに電話をします。マットもボニーの力が借りたくて300回もメールを送ったのに、返事をもらえないといい、ボニーが自分のことを怒っているのではないかと不安になります。ボニーの死をしっているジェレミーは複雑な気持ちですが、急いで家に帰るとデイモンに「大切な話があるから、一人で来てほしい」と電話をします。マットは自分が意識を失っている間の行動を録画しますが、そこにはカメラの向こうから自分に語りかける自分の姿が。乗り移られた自分が、ナイフを奪われるな、というメッセージを残します。
  • ステファンとエレナを残してジェレミーの元を訪れたデイモンはステファンを助けるためにボニーの力を借りたいとジェレミーに詰め寄りますが、ジェレミーは「僕は生き返るべきではなかったんだ」と言います。意味のわからないデイモンに何度もジェレミーは繰り返します。そしてデイモンは悟ります。ジェレミーが生き返ったことで何を代償にしたか。。。「エレナはどうなるんだ!ふざけたことを言うな」とジェレミーを怒鳴りつけるデイモンでしたが、ジェレミーの辛さがわかるデイモンはジェレミーを抱きしめます。
  • その頃、エレナはステファンを学校につれて行き、初めて出会った時を思い出させようとしていました。二人の間には不思議な空気が流れます。ステファンはエレナと付き合っていたことに気づきますが、記憶は戻りません。どうして別れたのか?と聞かれたエレナは「私がヴァンパイアになって変わってしまったから」と言います。ヴァンパイアになった場所を二人で訪れると、ステファンは「君といると血への欲求がなくなる」と言い、エレナはステファンの頬に触れます。二人の顔が近づいた時、エレナは「デイモンがいるの」と初めてデイモンとの関係をステファンに話します。その言葉にステファンは「血の欲求画戻った」といって、どこかへ消えてしまいます。
  • ちょうどその頃、死者を追悼するイベントが行われていて、会場にはたくさんの人が集まっていました。会場に現れたステファンを見つけたのはキャロラインでした。ステファンはキャロラインと一緒に来ていたジェシーに暴言を吐き、キャロラインは危険を感じ、ジェシーに隠れるようにと暗示をかけます。ジェシーが隠れた小屋に現れたステファンは、ジェシーの首に噛みつき、ジェシーが倒れるまで血を吸うのでした。そこにキャロラインが現れ、「あなたはそんなことをする人ではない」と言うと、我に返ったステファンは、その場を去ります。キャロラインは自分の血をジェシーに与えて、窮地を救います。
  • デイモンの家に戻ったステファンは日記を焼きます。デイモンもエレナも信用できない、と言い、信用できるキャロラインに見張ってもらうと言って、荷物をまとめて出て行ってしまいます。エレナは「ボニーに助けを求めなきゃ」と言いますが、デイモンはボニーにはもう頼れない、と語ります。泣き崩れ、パニックになるエレナ。
  • ステファンの元にはキャロラインがやってきますが、その表情は暗く、ステファンは事情を尋ねます。キャロラインからボニーのことを聞き、思い出せないステファンですが、キャロラインが「私には誰もいない。」とつぶやくと、「俺がいる」と言って、キャロラインの手を握ります。
  • ジェレミーはボニーの死を追悼する場を用意しました。エレナとデイモン、キャロラインとマットが集まります。そこにはジェレミーにしか見えないボニーがいました。ボニーはジェレミーを通じて、エレナ、マット、キャロラインの3人にメッセージを届けます。そしてそこに1輪の花を持ったタイラーも現れました。連絡がとれなかったタイラーの登場に泣き崩れるキャロライン。
  • キャロラインによって傷から復帰し、記憶がなくなったジェシーはマックスフィールド教授の研究室(?)にいました。教授はジェシーに異常はないが、何があったか話してくれ、と言います。ジェシーが何も覚えていないというと、教授は「誰かが君を助けようとしたか、君をヴァンパイアにしようとしたかだな」と言います。驚くジェシーでしたが、さらに教授は「君の血の中にヴァンパイアの血がある。これで新しいヴァンパイアを作れる」といい、ジェシーに何かを注射します。ジェシーはそのまま息を引き取ってしまいました。

サイラスとケツィアの話は今回全く出てきませんでしたね。今回はステファンの記憶とボニーの死をみんなが知るというのがメインのお話でした。
ジェシー、怪しいと思ってたのに、普通の人だったのね。。。そして、ヴァンパイアにされちゃうってこと!?てか、やっぱり”教授”とかいう奴は信用できないですね。またもや、裏切られてしまいましたね。

しかし、何より今回イラっとしたのは、エレナですね。どういうつもり!?ちょっとーーーーーって言って平手打ちしたい気分w

デイモンが可哀想すぎるし、記憶がないステファンにあんなベタベタくっついちゃって、そりゃ誤解するっつーの!てか、誤解じゃなく、またもや心変わりでステファンがやっぱり好き!ってなったのかな?なんか、もうめんどくさい。。。

デイモンって本当弟思いだし、ジェレミーにも優しいし、あのツンデレがたまらない感じなので、エレナにはもったいないです!!なんか、顔もちょっと変わった気がしますが、気のせいかな?なんか、美しさが少し衰えたような・・・。まあ、そのままデイモンとラブラブだとドラマ的に面白くないので、結局制作者の意図通り、ハラハラさせられている自分に呆れる感じですが。。。

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336