ナイトメア~血塗られた秘密~ #7はエクソシスト〜!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

WOWOWで放送中の『ナイトメア〜血塗られた秘密〜』面白い〜 と思ったら、シーズン1は8話しかないのか!?
来週最終回だって〜 (ちなみに、吹き替え版が1週間早く放送されるので、25日明日が最終回だそうです。)字幕版まで我慢!ガマン!

安心なのは、すでにSHOWTIMEでは、シーズン2の放送が確約されていて、すでにトレーラーも見られるようになっているということ。シーズン1で終わっちゃうことがないのです!良かった。
とてもじゃないけど、あんなにたくさんの謎を後1回の放送でどうこうできるわけないし、ますます謎が増えてしまっているんだから。

というわけで、次の#8が最終回の『ナイトメア〜血塗られた秘密〜』の#7について書きたいと思います。

なので、これ以降は、ネタバレ含まれるので要注意!

#7「私の中のあなた」は完全に『エクソシスト』の世界でしたね。
#6で、とうとう、ドリアン・グレイと関係を持ってしまったヴァネッサ。途中からきっと悪魔が彼女の中に乗り移ってしまったのでしょうね。完全に悪魔に身体を乗っ取られているところから、#7はスタートします。

奇声を発し、暴れまくったヴァネッサ。マルコム卿は、ヴィクターとイーサンに助けを求めます。みんなでヴァネッサを救出しようと試み、壮絶な戦いを続けます。ヴァネッサに乗り移った邪悪な者は、何でもお見通しで、ヴィクターの秘密(彼が死人を蘇らせていること)を知っているそぶりを見せたかと思えば、助けに来たイーサンにイーサンとドリアン・グレイとの関係や、イーサンが愛するブローナとドリアンとの関係をも暴露し、またマルコム卿を「子供殺し」と罵るのです。

やっと正気に戻ったある日、彼女はベッドの傍らにイーサンを見つけ、彼に言います。「あなたは優しい。他の人とは違う。私が誰かを傷つける前に、そのときが来たら、私を撃ってほしい」と。

っていうか、まじで、ヴァネッサ役のエヴァ・グリーン怖かった。白目もそうだけど、彼女の細い身体がさらにげっそりして、血管が浮き出て、顔が青白くて、本当に悪魔憑きの状態のように見えましたよぉー

copyright wowow online

copyright wowow online

イーサンだと思って話しをする中、ヴァネッサはイーサンに「天国を信じるか?」と聞くと、彼は「信じる。でもその反対があるのも知っている」と言います。「神は私をそこに置き去りにした・・・」と。そこでヴァネッサはつぶやきます。
「ルシファー・・・」 
ありゃ?今度は悪魔がイーサンに乗り移ったの?と思うと、イーサンは実は別の部屋にいて、ヴァネッサが見ているのは悪魔が見せていた幻だったんですね。。。ルシファーはヴァネッサに「悪の母親になって、一緒に悪の世界を築いてほしい」と言います。そんなプロポーズやだ〜!!!!笑

その頃ヴィクターは窓の外に自分が作り出した怪物の姿を見つけ、怪物を自分の手で撃つために(?)イーサンに銃の撃ち方を教わります。

一方マルコム卿は、死の淵をさまようヴァネッサに「君はミーナに手が届くところにいる。ミーナを探せ」と詰め寄ります。
その残忍な姿を見たイーサンはぶち切れ。ヴィクターと共に、マルコム卿を非難しまくります。
そして、彼女を救うためには、司祭を呼ぶべきだといい、マルコム卿は渋々それに同意します。

司祭がやってきますが、悪魔退治はローマ教会の許可がないとできない!彼女の告解を聞くことだけしかできないと言います。仕方なく、司祭は彼女の側に。しかし、またまたヴァネッサ豹変!司祭にガブーっと噛みついちゃうんです。こ、こわっ!ヴァネッサは拘束されていたはずですが、そんなものも吹き飛ばしちゃって、大暴れ。
他の3人は司祭を救出し、イーサンだけが部屋に残ります。

イーサンとにらみ合うヴァネッサ。
イーサンは、「ヴァネッサ」に呼びかけます。

何とか意識を取り戻したヴァネッサは、最後の力を振り絞り、イーサンに自分を銃で撃つよう促します。

イーサンは、一瞬銃に手をかけますが、ここで意外な展開に!
イーサンがブローナからもらった聖タダイのペンダントを取り出して、ヴァネッサの額に近づけ、ラテン語で呪文を唱え始めました。おぉ!悪魔払い!?イーサンって、そんな芸当持ってたの????
と、この呪文が効いて、ヴァネッサの悪魔払いが完了します。

でも、イーサンは一人静かに街の中へ。ヴァネッサはベッドで疲れ果てて眠っているところで、#7終了。
そして次回は最終回〜!

さて、どうなるんですかね〜

ちなみに次回予告はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336
スポンサーリンク
広告336