ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン6 第2話 不憫な人たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン6(6th season)のネタバレあらすじです!
アラリックにデイモンを愛した記憶を消して、と頼んだエレナ・・・本当に記憶を消してしますのでしょうか?
そして、ボニーとデイモンがパンケーキ!?一体二人はどこに!?

の続きです。。。

ヴァンパイア・ダイアリーズ 6thシーズンはただ今スーパードラマTVで放送中!
今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

以下第2話のネタバレなので、ご注意を!

ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン6 第2話
「エレナの決断 Yellow Ledbetter」あらすじ

【エレナとアラリック】
デイモンの死を受け入れられず、自分を見失ってしまうエレナは、アラリックに暗示をかけてもらうことで、デイモンを愛した記憶を消し去ろうと考えます。アラリックは、エレナの身を案じ、デイモンとの思い出を引き出し、ひとつずつ書き換えていくことで、彼女の3年間の記憶を塗り替えると言います。そのためには、エレナがデイモンを愛した瞬間を見つけ出し、その記憶を書き換える必要がありました。
エレナは最初の出会い、デイモンと初めてキスをした時、デイモンと踊った時のこと、ステファンを探していた頃のホテルでの出来事などを一つずつ思い出して行きます。そのたびにアラリックは、その記憶を別の記憶と塗り替え、エレナに質問します。
「デイモン・サルヴァトーレは誰?」
エレナは「私の元恋人で、彼は死んでしまった」と答え、デイモンを愛した記憶は中々消えません。
しかし、アラリックがキャロラインから「ステファンと付き合ってた頃のことだ」と聞き、エレナにそのことを話すよう促します。拒絶していたエレナでしたが、ゆっくりとその時のことを話します。

それは、エレナの誕生日。自分の気持ちを押し殺し、エレナがなくしたステファンとエレナの絆のネックレスを見つけて、エレナにプレゼントした時のことでした。エレナはそのデイモンの気持ちを知り、恋に落ちた、と言います。

アラリックは、「デイモンはネックレスをくれなかった。パーティはさんざんで、君はジェレミーと映画を見た」と記憶を塗り替えます。

エレナの記憶に浮かんだのは、デイモンがジェレミーの首を折り、殺した瞬間のことでした。
「デイモンはステファンの兄で、モンスター。でも死んでしまった」エレナの記憶は塗り替えられてしまいました。

【デイモンとボニー】
4ヶ月前。残されたデイモンとボニーは向こう側の世界の崩壊を前に手を取り合って目を閉じました。目を開けた二人が目にしたのは、ミスティックフォールズの町並。。。何が起こったのかわからない二人は辺りを見渡しますが、誰もいません。燃やしたはずのバーも元通りのまま。そしてエレナの家もそのまま残っています。
街を歩き回る二人が目にした新聞。その日付は、1994年5月10日。
そして二人はさらに毎日同じ日を繰り返していることに気づきます。デイモンとボニーは抜け出す方法も見つからず、ただひたすら1994年5月10日を繰り返します。
デイモンはパンケーキを焼き、ボニーはクロスワードパズルを解く日々。。。魔法が使えないボニーに当たり散らすデイモンですが、ボニーも「世界で一番嫌いな奴と過ごす私の気にもなって!」と言い返します。
しかし、二人はあるとき、解いた記憶のないクロスワードパズルが埋まっているのを発見します。
他にも誰か・・・いる。

【キャロラインとエンゾとステファン】
アラリックから、デイモンとボニーを探す方法を諦めていない人物がいる、と聞いたキャロライン。何とそれはエンゾでした。エンゾは魔女をくどき、情報を聞き出していたのです。エンゾはキャロラインを連れて車である場所に向かいます。
そして、それは一人新しい生活を始めたステファンの家でした。ステファンは新しい彼女を夕食に招いていたところでした。そこに突然現れたエンゾとキャロライン。エンゾとキャロラインはステファンがどうしてデイモンとボニーを探すことを諦めたのか問い詰めようとしますが、ステファンは「前に進む」と言い放ちます。エンゾとステファンが揉み合いになり、ステファンはエンゾの首を折ります。キャロラインはステファンに自分のことはどうでもいいのか?と問い詰めますが、ステファンが自分のメッセージを一切聞くこともしなかったと知り、絶望します。
一人車で泣きじゃくるキャロライン。意識を取り戻し、車に戻って来たエンゾは、泣きじゃくるキャロラインを見て、「待ってろ」と言い捨て、一人またステファンの家に戻っていきます。

エンゾは、ステファンの彼女を彼の眼の前で殺し、「お前のために女が泣いているぞ!お前がもし、兄弟を諦めるようなことをするなら、俺が許さない。」と怒り狂います。

【ジェレミーとマットとトーマス】
エレナに襲われた女子とベッドを共にし、匿っていたジェレミーですが、マットは自警団長であるトーマスから彼女の車が盗難車であったことを聞き、彼女に出て行くように言います。ジェレミーは、彼女を庇い、ステファンの家に泊めると言い出します。
そのことをトーマスに報告したマットでしたが、このトーマスというおじさん。実は入植者一族の出身だったのです。そして、彼はミスティックフォールズの外からヴァンパイアたちをトラックに入れて連れ込み、焼き殺していたのでした。。。。

ヴァンパイア・ダイアリーズ 〈シックス・シーズン〉 コンプリート・ボックス (4枚組) [Blu-ray]

ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン6 第2話 感想などなど

誰が不憫って、一番はもう、デイモンですよ。デイモン。。。
エレナ身勝手過ぎる。相変わらずだけど。。。自分のことばっかり!とイラっと来る感じです。
デイモンの存在自体を忘れるよりひどい話な気がする。だってあんなに愛し、愛してくれた相手を「モンスター」だなんて。
さらに勝手なのは、「デイモンが戻って来たら、記憶を戻してもらう!」とかいうお気軽な感じです。そんなうまくいくわけないじゃーーーん。てか、まじで諦めてんじゃねーよ!エンゾ、ステファンだけじゃなく、エレナにも気合い入れてやってくれよー。

そして、エンゾ、むちゃくちゃ、キャロラインにも優しい。好きなのか?w
そして、デイモンのことも恨んでたはずが、ちょーーー大好きじゃん。てか、むちゃくちゃ友だち想いだし、まあちょっと関係ないステファンの彼女は可哀想だったけれども。でもそんなエンゾが不憫。がんばってるのに。。。
ステファン、ダメ男。
相変わらず、ステファンとエレナはダメダメだな。

そして不憫なのはキャロライン。エレナが暢気にパーティやろうとか電話してくるし。ステファンのこと信じてたのに。
元々キャロラインなんて、一番頼りなくて、ふらふらしてて、身勝手な女の子だったはずなのに、今や誰よりも正義感が強くて、誰よりも考え方が真っ当で、誰よりも他人への思いやりがある。
そしてモテる。。。 きっとステファンもキャロラインが好きだし、エンゾも好きだ。エレナの時代は終わったな。

amazonプライムではもうシーズン7(7th シーズン)もレンタル・販売しているようです!
amazonプライムビデオ 30日間無料体験

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336
スポンサーリンク
広告336