ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン6 第14話 さよなら リズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヴァンパイア・ダイアリーズ vampire diaries シーズン6 6th seasonのネタバレあらすじと個人的な感想を書いています。
ネタバレなので、ご覧になる場合はご注意ください。

前回のあらすじはこちら↓
ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン6 第13話 ネタバレあらすじ
ボニーを救出できなかったジェレミーは、美大へ進むため街を出ることに。そして、再びカップルに戻ったエレナとデイモン。。。 

これ以降は第13話のネタバレになりますので、ご注意ください。

amazonプライムビデオ 30日間無料体験

ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン6 第14話
「逝かないで STAY」あらすじ

リズの最後の仕事

リズは保安官を引退する前に、未解決事件を解決したい、とデイモンを呼びます。彼女のファイルを順番に見ながら「これは俺」「これも俺」と半分のファイルを自分の仕業だと認めたデイモン。

しかしリズが解決したかったのは、エレナの両親の事故でした。
エレナの両親が亡くなったのが本当に事故だったのか?リズは事故の2時間前にあった、エレナの母親からの電話、そして彼らが車に荷物をたくさん積んでいたこと、いつもとは異なるルートを通ったこと、ブレーキ跡がないことなどから、何かがあったのではないか、と疑っていたのです。

一人街を出ていくジェレミーとの時間を過ごしていたエレナを呼び出したデイモン。エレナは当日変わったことがあった記憶はない、と言います。

しかしジェレミーに確認すると、ジェレミーはその日マリファナを部屋で吸っていたことが母親に見つかったのだ、と言います。

電話はジェレミーのマリファナ、そして前日の嵐のせいで、いつもの道がふさがれていたこと、嵐のために別荘への小旅行が中止になったこと、道が滑ってブレーキが踏めなかったこと、などにより、エレナの両親の件は、単なる事故だったのだと判明します。

がっくりと肩を落とすリズ。デイモンはリズを自宅へと送り、介抱します。彼女はそんなデイモンにそばにいてくれたことに感謝を告げます。
自分の母親の死の間際にそばにいられなかったことを悔やんでいたデイモン。

しかし、デイモンが一瞬目を離した隙に、リズは昏睡状態に陥ってしまうのでした。

キャロラインとステファン

リズが最後の時間を快適に過ごせるように、キャロラインはステファンの力を借りて、別荘に、思い出の品や本などを大量に運び込みます。
そこには子供の頃に母親と練習をした自転車も。。。

キャロラインは、ステファンが手伝ってくれるのは、母親のリズがステファンに自分が死んだ後キャロラインの力になってほしい、と頼んでいたからだと思っています。

しかしステファンへの気持ちが抑えきれないキャロラインは、「無理して私といなくてもいいのよ」と強がりを。そんなキャロラインにステファンは「ここにいたいからいるんだ。君は大切な友達だ」と言います。

友達という言葉にちょっとがっかりしたキャロラインでしたが、見つめ合う二人の距離が徐々に近づきます。美しい夕日に照らされながら、二人は口づけます。

しかしそんな二人の元にリズの危篤の知らせが。急いで病院にかけつけたキャロラインとステファン。キャロラインはパニック状態です。

しかしステファンは、キャロラインにリズの記憶に入るよう促します。キャロラインが記憶に入り込むと、そこには若い頃のリズと子供の頃のキャロラインの姿が。二人は自転車の補助輪を外す練習をしていました。

補助輪が外れた自転車を一人漕いでいく娘の後ろ姿に「もう大丈夫ね」とつぶやくリズ。
リズは静かに息を引き取ります。

エンゾの復讐

マットの元にエンゾから電話が。エンゾは裏から手を回し、サラをマットの元に向かわせていました。何も知らないサラは、写真撮影の依頼と聞き、喜んでマットの元を訪れます。

しかし再びマットの元にエンゾから電話が。サラをつれてトンネルまで来るようにと言うエンゾ。マットが断れないよう、ジェレミーを人質にしていたのでした。
渋々サラを連れ出すマット。トンネルにエンゾの姿がなく、再びエンゾに電話をすると、道の真ん中に出れば俺が見える、と言うエンゾ。その言葉に従うと、勢いよく車がトンネルに。マットは車に吹き飛ばされ、血を流して倒れます。

駆け寄るサラの元に現れたエンゾ。瀕死の状態のマットをみて「なんとかして!」と懇願するサラ。エンゾは自らの血をマットに与えると、驚くサラをおいて、姿を消してしまいます。

ジェレミーの決心

デイモンが暗示を使って卒業をさせたジェレミー。エレナは寂しい気持ちを我慢しながらも、弟の幸せを願って彼を送り出します。

アラリックがジェレミーを空港まで送っていくことになりますが、二人は車でバス停まで移動していました。そしてアラリックは、大きなバッグをジェレミーに手渡します。
そのバッグは、ジェレミーがヴァンパイアハンターとして使っていた武器が。。。

実はジェレミーは美大へ行くのではなく、ヴァンパイアハンターとして生きるために街を出たのでした。エレナやデイモンたちはそのことを知りません。
アラリックだけが真実を知っていました。

ヴァンパイア・ダイアリーズ 〈シックス・シーズン〉 コンプリート・ボックス (4枚組) [Blu-ray]

ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン6 第14話 感想などなど

リズとデイモンの友情、そしてキャロラインとリズの親子の愛情、今回はエンゾを除けばしんみりとじんわりとくるエピソードでした。

とうとう、キャロラインとステファンがキス!とっても美しいシーンで。木々の間から指す夕日がきらきらして綺麗でした。

でも、今回のエピソードで一番なのは、ジェレミーとデイモンのやり取りにほっこりしたり、リズへのツンデレな態度にキュンキュンしたり。。。 デイモンのリズを介抱した時のやさしさに、やっぱりきゅんきゅんしたり。。。で、デイモン やっぱりカッコええ!というところでした。笑

にしても、ジェレミー君はハンターとして旅に出てしまったのですね。その前にエンゾをなんとかした方が。。。w
今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336
スポンサーリンク
広告336