The Originals オリジナルズ シーズン2 最終話ネタバレあらすじ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヴァンパイア・ダイアリーズのスピンオフとして、オリジナルズであるマイケルコンファミリーの家族、兄弟の確執と、ヴァンパイア、狼人間、魔女の愛と戦いを描いた『The Originals オリジナルズ』のシーズン2を見終えました。

私はレンタルDVDでみましたよ〜
入会日から30日間無料でお試し!オンラインDVD&CDレンタル!

というわけで、今回は『The Originals オリジナルズ Season2 シーズン2』最終話のネタバレあらすじを書きたいと思います。

ちなみに、ワーナー海外ドラマ公式サイトでのあらすじはこんな感じ!

期限が迫る中クラウスは、ホープを守るための最終計画を急ピッチで進めていく。カミーユは、イライジャとレベッカがダリアへの攻撃を考え直すほど重大な情報を明かす。一方ヴィンセントは、ニューオーリンズを離れて魔法とは無縁の未来を守ることと、ダヴィーナを守るという義務感の間で板挟みになる。そしてついに、マイケルソン兄弟は自分たちの人生をかけた危険な計画の準備に取りかかる。

http://wwws.warnerbros.co.jp/kaidora/theoriginals/ep.phpから引用

※これからドラマを見られる方はココから先 ネタバレです!注意してくださいね!

スポンサーリンク
広告336

The Originals オリジナルズ シーズン2
最終話「姉妹の再会ASHES TO ASHES」ネタバレあらすじ

自分とダリアをリンクさせ、自分に短剣を刺したクラウスは仮死状態に。拉致されたフレイヤは、クラウスの娘ホープを見つけると共に、地面に倒れているダリアとクラウスを見つけます。

レベッカはヴァンパイアの自分の体に戻るために、自ら首にナイフを突き刺し、倒れ込みます。心配するマルセルでしたが、レベッカはヴァンパイアとして再び蘇ります。そんなレベッカの元にフレイアから電話が。。。

カミーユに助けられたイライジャはクラウスの非道な行いに怒りが収まりません。しかし、カミーユが「兄たちの計画は失敗する。ダリアを倒す方法が別にある」とクラウスが頭に語りかけてきたことを告げます。現れたレベッカの言葉にホープの救出に向かったイライジャ。



クラウスとダリアは依然として仮死状態のままです。フレイアはクラウスが死ねばダリアも死ぬはずだと言い、盗んできたホワイトオークの杭をクラウスに突き刺そうとしますが、クラウスが死ねばリンクしているマルセルや他のヴァンパイアたちも死んでしまいます。

フレイアが杭を刺そうとした瞬間クラウスが目を覚まし、「シスター」と言ってその手を止めます。クラウスに刺された短剣が溶けてしまっていたのです。そして、ダリアも目覚めてしまいます。クラウスとのリンクも短剣が溶けた瞬間に消えてしまったと言い、ダリアは目的であるホープの元へ向かいます。ダリアがホープとリンクするために、ホープの血が1滴だけでもあれば充分だったのです。

ダリアを倒すことができる武器に必要だった”ダリアが最も愛した魔女の血”はフレイアではありませんでした。それは、ダリアの妹であり、クラウスたちの母親、エスターでした。しかし、エスターは別の人物に乗り移った後、クラウスによってヴァンパイアにされ、フレイアによって殺されてしまっていたのです。

エスターを蘇らせるには、ダヴィーナの力が必要でした。ダヴィーナはヴィンセントの申し出を受け、魔女団のリーダーになり、強大な力を手にしていました。しかし、過去の魔術師を蘇らせる呪文は1度きりしか使えません。

もちろんダヴィーナはコールを蘇らせようとしていました。
レベッカはダヴィーナを説得しようとし、コールは他の方法で必ず生き返らせると言いますが、ダヴィーナは信じません。その間にイライジャはダヴィーナに恨まれることを承知で、コールの灰とエスターの灰を入れ替えます。
何も知らないダヴィーナが呪文をかけると、蘇ったのは若き日のエスターでした。


裏切ったフレイアを罰しようとダリアは魔方陣の中にフレイアを閉じ込めます。身動きできないフレイア。
しかし、そこに現れたのは、鎖につながれたエスターを連れたクラウス、イライジャ、レベッカでした。ダリアは妹の姿に驚きますが、ホワイトオークの杭に魔法をかけ、粉々にして空から降らせます。

それはオリジナルズを殺すことができる力を持っていたのです。粉々になったホワイトオークを吸い込んだ3人は苦しみ、倒れ込みます。

ダリアは、フレイアにも魔法をかけ、苦しめると、エスターに「あなたの子供たちが燃えるのを見ましょう」と言います。
エスターは、「あなたの勝ちだ」と言い、「せめて償わせてほしい」と提案すると、「私が手に入れた自由を教えてあげる」とダリアに近づきます。

油断したダリアはエスターの鎖に捕らえられます。その隙にフレイアは魔方陣を破り、兄弟たちを助けると、エスターに促されたイライジャがクラウスにダリアを倒す剣を渡します。クラウスは剣を手にエスターの背後からダリアに貫通するよう深く剣を刺します。

その瞬間、ダリアとエスターは1500年前の過去にいました。
「子供たちが争う姿を見て、自分の罪の深さを知った。1500円前にやるべきだったことをやるわ。それはあなたのそばにいること。」
ダリアはその言葉にエスターを許し、二人は抱き合ったまま灰になります。


ダリアの脅威は去りました。
しかし、クラウスの前からイライジャは去り、レベッカも去っていきました。
クラウスはカミーユへの感謝の気持ちを伝えますが、自分の本当の気持ちは伝えられません。

そして、裏切られたダヴィーナは魔女団を結集し、何かを企んでいる様子。。。ヴィンセントは心配そうに影から見つめています。

フレイアはレベッカにエヴァの体に戻り、人間として生きる道も、このままヴァンパイアとして生きる道もあると提案します。レベッカはひとまずエヴァの体に移り、コールを助ける術を探すと言います。マルセルと口づけしたレベッカは一人車でニューオリンズを去って行きます。

一方イライジャは満月の夜、人間の姿になったヘイリーと密かに会っていました。「元の姿に戻すことを約束する」と言うイライジャに「それよりもホープのそばにいてほしい。クラウスに育てさせたくない」とヘイリーは言います。

ヘイリーとの約束を守るため、クラウスの元に戻るイライジャ。二人の間の溝は深いようです。

オリジナルズ シーズン2  感想

シーズン2全体を通してですが、シーズン1と比べてちょっとクラウスがやり過ぎで引きました。。。
オレ様にもほどがある!残虐性も増して、激高するし、すぐスネるし、面倒でした。
フィンが抜けたヴィンセントが言ってましたが、「マイケルソンファミリーは家族以外は全部どーでもいいんだ」と。特にクラウスはそれが酷かったですね。

相変わらず、私がキュンキュンしたのは、イライジャでした。確かに彼の残虐性も垣間見てしまいましたが、それでもヘイリーを想う気持ち、ホープを想う気持ち、絶対続かないと思ったらその通りだったジアとの関係においても、大人〜、紳士〜♪でした。

さて、最終話ですが、ダリアのあれほどまでの怒りがエスターの一言ですんなり解決してしまうなんて。。。エスターもダリアをずっと恐れていたはずだけど、結局極端にシスコンの魔女だったのですね、ダリアって。

さてシーズン3ですが、イライジャVSクラウスやら、ヘイリーたち狼人間の呪い問題やら、ダヴィーナの魔女団やら、新たな脅威やら。。。と色々な問題が山積みです。やっぱり早く続き見たい〜

DVDも売ってます!

レンタルでも借りられます!
入会日から30日間無料でお試し!オンラインDVD&CDレンタル!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336