ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン7 第6話 男って何でそうなのかね?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヴァンパイア・ダイアリーズのシーズン7 第6話のネタバレあらすじです。

2020年7月から Huluでヴァンパイア・ダイアリーズの配信が始まりました。

U-NEXTでも シーズン1−6を配信しています。
※現時点では 7&8は有料となっているようです。

7thシーズンを見るのにおすすめは、DVDのレンタルです。
レンタルだと1本100円くらいで2話分見られてお得です。

入会日から30日間無料でお試し!オンラインDVD&CDレンタル!

スポンサーリンク
広告336

ヴァンパイア・ダイアリーズ 7thシーズン 第6話 ネタバレあらすじ

7thシーズン 第6話 『Best Served Cold』ネタバレ あらすじです。

※ここから先は、思いっきり ネタバレですのでご注意ください!

3年後

TVのプロデューサーとなっているキャロラインは何者かに襲われ、頭から血を流しながら、TV画面を通じてステファンへのメッセージを送ることを強要されているらしい。
そして、なぜかキャロラインの婚約者というのは、、、、
あ、アラリック!?

※この時点では頭の中がパニックになりますが、後で諸々わかってくるので、とりあえず落ち着こう!笑

過去!?

ステファンと少年が森の中にいる。少年はステファンをパパと呼んでいることから、ステファンの息子らしい。
ヴァレリーとの息子なんだろう。

ステファンは息子に猟の仕方を教えている様子。

ステファンが獲物を狙った後振り返って息子に話しかけるが彼の姿はない。

「ジェイコブ、ジェイコブ」と叫ぶステファン。

現 在

キャロラインに起こされて目を覚ますステファン。どうやら夢を見ていたようだ。

すると、ヴァレリーがバスタオルだけをまとった姿で二人の前に現れる。ヴァレリーに危険が及ぶので家に置いているというステファンに、キャロラインは彼女をどこか遠くに逃がそうと相談をする。

ステファンとデイモンや、ボニーたちの元にはリリーから屋敷への招待状が届く。リリーはジュリアンをみんなに紹介し、ステファンやデイモンとのわだかまりを解きたい考えだ。

しかしジュリアンは何やら秘密を抱えている様子。ボーにオスカーの車にある何かを取りに行かせたり、メアリーをそそのかして家政婦の生き血を飲ませたり、、、リリーには言えないことばかり。

デイモンはエレナを奪われた復讐心から、リリーがジュリアンを生きかえらせ、幸せを感じた6ヶ月後にジュリアンを奪う計画を立てているが、ヴァレリーと自分の失われた息子のことを隠しているステファンは、今日にもジュリアンを襲う計画だ。

ジュリアンに近づいてチャンスを狙うステファンをデイモンがことごとく邪魔をし、ステファンが狙っていることを気付かせてしまう。

しかし、デイモンは、ステファンに協力したマットに眠らされてしまい、その間にステファンはジュリアンを刺し、燃やそうとするが失敗する。

ジュリアンと2人になったステファンは彼を刺し、燃やそうとするが失敗し、リリーの怒りを買う。現れたデイモンがステファンを連れ出そうとするがジュリアンの反撃に遭い、二人はジュリアンにもう少しで殺されてしまいそうに。我を失っていたジュリアンを止めたのはリリーだった。


アラリックはボニーからジョー(ではない誰か)がカフェにいると言われ、ジョーの元へ。彼女は体調が優れず、突然鼻血を出してしまう。家に連れて帰るも、咳が止まらず、キャロラインが自分の血を飲ませても吐き出してしまう。

ヴァレリーはその様子を見て、死んだ人間の身体が腐敗しているため、拒否反応を起こしているのだ、と言う。キャロラインがジョーは双子の赤ん坊をお腹に宿したまま殺されてしまったのだと話すと、自分のデリカシーの欠如を謝るヴァレリー。

ジョーはどんどん体調が悪くなり、起き上がることができない。彼女はアラリックに自分の本当の名前はフローレンスだと言い、奥さんを取り戻せなくて申し訳ないと謝る。

アラリックが彼女のお陰でもう一度ジョーの声を聞けたことに感謝すると、フローレンス(ジョー)は静かに息を引き取った。

ヴァレリーは結婚式の映像を見て、カイが使った呪文は実はジェミニ魔女団の双子を救うための呪文だと言い、双子はどこか別の場所で生きているはずだと言い出す。

希望を持つアラリック。


無謀な行動を起こしたステファンはデイモンに理由を話し、150年前のことでも絶対に許せないと言う。

ステファンはジュリアンと自分たちの父親が重なると話し、自分が今でも後悔していることは子供を持てなかったことだと打ち明ける。その言葉にデイモンはステファンに協力すると言う。

リリーは、息子たちとの和解を望んでいたのにと言い、ジュリアンを責める。ジュリアンは自分は石のせいで心が壊れてしまっていると泣き言を言い、リリーは元に戻れると言って慰める。

ただ、息子達が襲ってこないように、身の安全を保証してほしい、と言うジュリアン。

⇒これがどういう意味かは後ほど判明します。


ヴァレリーの魔法によって、アラリックとジョーの双子の行方を調べることに。

世界地図の遠い場所にアラリックの血を落とし、そこから双子の現在の居場所を探ると言うのだ。血はゆっくりとアメリカ大陸へと流れ込み、やがて今アラリックたちがいる場所へ。

双子がここにいるのはおかしい、というキャロライン。

ヴァレリーは、「ここではない。キャロラインの中にいる」と伝える。

第6話 感想

3年後のシーンで、キャロラインの婚約者がアラリックというのが「何でそうなるわけ?」だったけど、まさかのそういう展開だったとは。。。

ステファンxキャロラインカップルが壊れたのは、それが原因?

それとも、ステファンがヴァレリーに心を奪われたの?

女の人が自分のお腹の子供に対して思いが強くなるのは当然ですが、別れた相手に子供がいた(生まれなかったけど)ことが判明しただけで、急にヴァレリーに対してや、いたはずの子供に対しての執着が生まれるステファン。

ちょっと どうなんですかね。。。

展開はわからないけど、アラリックとジョーの子供のある意味代理母になってしまうキャロライン。なぜアラリックと結婚することに!?

いや。。。そもそもヴァンパイアが子供産めないでしょ?魔法の子供だからいいのか。。。

なんか、もはや良くわからない状態になってきたヴァンパイア・ダイアリーズ。

さすがにちょっと許容範囲をオーバーしてきています。

⇒つまり、ちょっと興味が薄れてきています。

あんなに好きだったのに。。。というわけで、一応続きも気になるので見ますが、更新はスローになるかも。。。(^_^;

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336