ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン4 第9話 やっちまったな、タイラー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン4 第9話「革命の夜 O Come, All Ye Faithful」のあらすじです。

第8話で、エレナのサイヤボンドを断ち切ると、ステファンに約束したデイモン。愛するエレナを自ら遠ざけるなんてことできるんでしょうか?
そして一方、クラウスのサイヤを断ちきった12人のハイブリッドたちと、それを率いるタイラーですが、彼らの運命はいかに?

そんなヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン4は現在スーパードラマTVで放送中!
今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

以降ネタバレが含まれますので、ご注意くださいませ。

スポンサーリンク
広告336

ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン4 
第9話「革命の夜 O Come, All Ye Faithful」あらすじ

  • エレナのサイヤボンドを断ち切るとステファンに約束したデイモンですが、いざ彼女を前にすると決心がつきません。エレナは「この気持ちは本物だよ」と言います。二人はボニーとジェレミーのいる別荘に向かいます。そこにはシェーン教授もいて、ジェレミーの衝動を抑える方法を試しますが、なかなかうまくいきません。落ち込むエレナを優しく慰めるデイモン。
  • サイヤを断ち切った12人のハイブリッドたちはクラウスを倒すことに躍起になっています。ヘイリーが見つけてきた魔女がクラウスを倒すことができると、みんなを説得し、タイラーは自分の身体に一旦クラウスを乗り移らせハイブリッドが逃げ切るまで埋めておく、と言います。そのことを聞いたキャロラインとステファンは、クラウスが隠し持っているキュアを探すための剣を盗もうとしますが、うまくいかず、タイラーたちを説得するつもりが、反対にハイブリッドたちに捕らわれてしまいます。
  • シェーン教授のことを信じるというエレナに、デイモンは「彼は12人を殺した奴なのに?」と言います。そこに現れたシェーン教授は自分は無関係だと言い、さらにキュアは、サイラスという魔法使いと一緒に埋まっていると言います。彼はキュアではなく、サイラスが目的で、さらに彼は一度その場所に行ったことがある、と言うのです。ステファンに剣が必要なくなったことを伝えると、二人はハイブリッドたちから解放されます。
    ステファンとキャロラインは剣で刺されて眠らされているレベッカの身体にクラウスを閉じ込める案を提案し、タイラーもその案に乗り気になりますが、ヘイリーは表情を曇らせます。彼女が「計画が失敗した」とシェーン教授に携帯でメッセージを送ると、シェーンは「何とかしろ」と命令します。ボニーを呼ぼうとしたキャロラインの首を折ったヘイリー。魔女が来ると嘘をついて12人のハイブリッドを森の中に呼び出します。
  • 12人の元に現れたのは魔女ではなく、クラウスでした。クラウスはハイブリッドたちの心臓を一人ずつえぐり出して惨殺していきます。一方パーティ会場にいたタイラーはヘイリーから告白されます。「あれは全部嘘だった。私は自分の両親の情報と引き替えに彼らをクラウスに殺させたの。」と。驚愕するタイラー。「今なら間に合うから逃げて」というヘイリー。
  • 一方、デイモンの案でエレナを殺す衝動を抑えることができたジェレミー。別荘で、ボニー、ジェレミー、エレナは和やかにクリスマスの飾り付けをしています。それを見守るデイモン。エレナが近づくと、デイモンは言います。「あんな風に弟と元に戻れるといいな。俺が戻してやる。」と。そして、エレナに「君は帰れ。君を自由にする」と彼女を遠ざける言葉を言います。
  • その頃キャロラインはステファンにエレナが別荘にいることを話します。デイモンが嘘をついてたことを知り同様するステファン。「彼らはどうなっているんだ?」という質問に、キャロラインは二人の関係(二人が寝たということ)を話してしまいます。怒り狂うステファン。。。。
  • 森に向かったタイラーの目の前には無残な12人のハイブリッドの死体が。。。絶望するタイラー。一方怒りにまかせて12人を惨殺したクラウスは血まみれの服のまま、タイラーを待っている母親の元に現れます。「息子を見逃して。私にはあの子しかいない。」という彼女に「逆もしかりだ」と言い放ち、クラウスは彼女の顔を水の中に押し込み、殺してしまいます。

以上第9話のあらすじでした。

今回は、なんと言っても「タイラー、やっちまったな〜」ですよね。タイラーはパック(群れ)のアルファ(リーダー)としての自我に目覚め、その責任感の強さゆえに周りが見えなくなってしまってたんですよね。キャロラインに反対されても、ヘイリーがシェーンとつながってるのでは?という忠告にも耳を貸さず、その結果助けたはずの12人のハイブリッド全員の命だけでなく、自分の唯一の家族である母親までも失ってしまいました。

そして本来であれば責められるはずのクラウスですが、ステファンやキャロラインの言う通り、彼の孤独を垣間見てしまったら、何だかただ責めるわけにもいかなくなりますよね。自業自得ではありますが、誰からも仲間にされず、恋するキャロラインにも利用され、自分の部下であるはずのハイブリッドたちは反旗を翻し、自分の兄弟でさえ自らの手で殺めてしまった孤独なクラウス。。。

そして、今回のきゅんきゅんポイントですが(笑)、やっぱりエレナを見守るデイモンのシーンですね。エレナを遠ざけ、彼女に弟との平凡で幸せな時間を取り戻すことを誓うデイモン。男前すぎる!!!!
それに比べて、嫉妬に狂ったステファンの見苦しいこと。。。。笑 そりゃね、兄貴に寝取られたって怒り狂うのはわかりますよ。でも気づいてほしいのは、サイヤされる前から、エレナはデイモンに惹かれてたんです。まあ、そこにも気づいてるんでしょうね。だからこその焦りがさらなる怒りに発展しちゃってるんでしょうね。

というわけで、次回またお騒がせレベッカが復活する気配もあるヴァンパイア・ダイアリーズ。まだまだ波乱が待ち受けていますよ〜。
今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336