ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン4 第11話 ジェレミー逃げて〜!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン4 第11話 「キュアを巡る争い Catch Me If You Can 」のあらすじです。

今回はタイトル通り、ヴァンパイアを人間に戻すという「キュア」を巡って、クラウスチーム(デイモン、ジェレミーを含む)、シェーン教授チーム(ボニーを含む)、そして、新たに手を組んだステファンとレベッカという3つのチームの争いのお話です。

ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン4は現在スーパードラマTVで放送中!
今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

以降ネタバレが含まれますので、ご注意くださいませ。

スポンサーリンク
広告336

ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン4 第11話
「キュアを巡る争い Catch Me If You Can」のあらすじ

  • ジェレミーのハンターの地図を完成させるため、クラウスはバーに集めた大勢の人間を殺してヴァンパイアに変異させ、ジェレミーに狩らせようとします。デイモンもそのやり方に従っているのを見て、反発するジェレミーでしたが、クラウスはヴァンパイアたちがマットを襲うよう暗示をかけてしまったため、マットを守るため、デイモンとジェレミーはヴァンパイアたちを倒そうとします。山小屋に逃げた一同でしたが、エレナとマットを逃し、日があるうちにデイモンとジェレミーはヴァンパイアたちを狩るために再びバーに戻ると言い出します。
  • ボニーがシェーン教授に魔法を操る方法を教えられている時、保安官が現れ、シェーンを連行していきます。納得のいかないボニーが自らシェーンに牧師殺しについて白状します。しかし彼は悪びれる様子もなく、死んでしまった人たちもサイラスが生き返らせてくれると言います。そしてボニーの罪悪感につけいるように「お婆さんを助けたくないのか?」と言います。怒りを覚えたボニーは、コントロールを失い、危ない魔術を使ってしまいます。
  • バーに戻ったデイモンとジェレミーでしたが、ヴァンパイアたちは全員殺されていました。それは、サイラスの復活を阻止しようとするコールの仕業でした。コールはジェレミーを殺すとハンターの呪いにかかってしまうため、ジェレミーの腕をもぎ取ろうとします。デイモンはジェレミーを逃がすため、コールに捕まり、暗示をかけられてしまいます。その暗示は、ジェレミーを殺す、というものでした。
  • バーに戻ったデイモンとジェレミーでしたが、ヴァンパイアたちは全員殺されていました。それは、サイラスの復活を阻止しようとするコールの仕業でした。コールはジェレミーを殺すとハンターの呪いにかかってしまうため、ジェレミーの腕をもぎ取ろうとします。デイモンはジェレミーを逃がすため、コールに捕まり、暗示をかけられてしまいます。その暗示は、ジェレミーを殺す、というものでした。
  • ジェレミーの姿を見つけると、暗示のせいで彼を追ってしまうデイモンですが、暗示にかけられていることを悟り、ジェレミーに自分を殺すよう迫ります。エレナも「私を愛してるならやめて」と止められ、何とか自制しようとするデイモンですが、ジェレミーの血のにおいに反応し、自分を止めることができません。ジェレミーがデイモンを撃とうとした瞬間、助けに入ったのはステファンでした。ステファンに捕らえられ、暗示が解けるまでデイモンは監禁されることになります。
  • 一方、ステファンとレベッカはシェーンの部屋を捜索します。二人が探しているのは、シェーンが隠している墓石でした。そこに謎の男が現れ、墓石を探し出して盗もうとします。男を捕まえ、誰の命令で動いているのかをつきとめようとする二人でしたが、男は自ら命を絶ってしまいます。デイモンを助けた後、再びレベッカの元に戻ったステファン。ステファンとレベッカは「感情なし」という条件で、昔のように関係を持ちます。
  • エレナとジェレミーの元には、クラウスが現れ、「コールは絶対にあきらめない」と忠告します。何人もの人をヴァンパイアにされ、命を失ってしまうことを嘆くジェレミーにエレナはあることを思いつきます。「コールを殺せば、その血筋のヴァンパイアを大量に殺すことになる。そうすればデイモンの暗示も解ける」と。

以上 シーズン4第11話のあらすじでした。

イラっとする登場人物はたくさんいますが、やっぱりシェーンはイラっとします。クラウスやレベッカも、もちろん大概ひどい奴だし、全然好きになれないところもあったけど、クラウスは実は孤独な寂しがり屋さん、レベッカは実は愛されたいワガママちゃんというところで、どこか憎めない部分もあったり、コールはコールでサイラスを蘇らせちゃいけないっていう所で一番実はまともな考えだったりして(だって、サイラスが蘇ると世界が崩壊するって言われてるんだよ!)。で、シェーンはちょっと病的な感じが気持ち悪いのと、人の弱みにつけ込む感じがイラっとします。で、それに乗っかっちゃうボニーもイラっとします。ついでにいうと、ボニーのパパもイラっとします。

というか、登場人物がみんな自己中(自分の愛する人だけが幸せならいいっていう)なのですが、特にこの第11話は、何だか見ていて嫌な気分になります。
あ、デイモンのときめきシーンがないっていうのもあるし、ステファンとレベッカもちょっとなぁ。。。と思うし、かわいいキャロラインも登場しないし。。。かな?

そしてこ「キュア」ですが、エレナを人間に戻したいのは、ステファン、デイモン、ジェレミー、クラウス(ハイブリッドを作るため)。
自分が飲みたいのは、ステファンとレベッカ。
そしてレベッカはクラウスに飲ませてクラウスを倒したい、そうさせないためクラウスは「キュア」を破壊したい。
「キュア」ではなく、「サイラス」を狙っているショーン。
「サイラス」を蘇らせたくないコール。

うむ。。。人類のために正しいのは、やっぱりコールなの?(やり方は別として・・・)。

ところで、次はヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン7が米国で放送になるそうですが、主人公のエレナがシーズン6で降板なので、サルヴァトーレ兄弟のお話になるそうですね。こんなにエレナLOVEなお話なのに、エレナなしになっちゃうなんて。でもエレナが降板しても続くっていうのは、サルヴァトーレ兄弟人気がそれだけスゴイってことなんですかねぇ。。。

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336