エクスタント最終話 う〜ん・・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

WOWOWで放送されたドラマ『エクスタント』最終話見終えました。

えっと・・・ う〜ん、何だかなぁ〜。。。。というのが正直な感想!
その原因は、最終話がかなり強引な展開だったことと、結局中途半端な謎(というよりは、触れずにおいただけ?)が多かったこと、主人公モリーに最後まで共感できなかったこと・・・ですかねぇ。

というわけで、以下ネタバレ含まれますので、見てない方はご注意を!


ざっくり最終話がどんな話かを書きます。
ネタバレ含まれるので、ご注意を

スポンサーリンク
広告336

エクスタント 最終話 ざっくりあらすじ


モリーは、大気圏に突入しようとするセラフィムの針路を変え、セラフィムに繁殖している謎の生命体の胞子が地球にばらまかれてしまうことを阻止するという任務のため、胞子の影響を受けない宇宙スーツとやらを著て宇宙船に乗り込みます。

一方イーサンの身体にオーディンが爆弾を仕掛けた疑いがあるため、ジョンはイーサンを説得し、身体を調べるためにシャットダウンしたいと言いますが、イーサンは反発します。イーサンはオーディンは仲間で、ジョンは永久に自分をシャットダウンするつもりだと疑います。しかしジョンがイーサンへの愛情を示し、必ず目覚めさせると約束し、イーサンは同意します。
イーサンの身体に仕込まれた爆弾は取り外すことができないことがわかり、イーサンにもそのことを伝えます。

モリーはセラフィムに到着しますが、そこにはケイティの姿をした謎の生命体(ケイティの子供)がいて、モリーを妨害しようとします。何とか偽ケイティを閉じ込めたモリーですが、手袋が外れてしまい、そこに胞子がついてしまいます。幻覚と戦いながら、何とか爆弾を仕掛け、脱出を試みるモリーでしたが、セラフィムを管理する人工知能ベンは、感染の疑いのあるモリーを乗せたまま地球に帰還はできないと言います。

逃げるためには、手動運転に切り替えるしかないのですが、管制室は、モリーの子供(謎の生命体)が進入したため、全員が退去。人が入ると幻想を見せられ操られてしまうため、誰も中に入れません。イーサンは自分は人間ではないからコントロールされない!と言い、自らモリーを助けるために管制室に向かいます。

モリーと通信できたイーサンですが、手動に切り替えるためには人感センサーを動かす必要があり、それにはイーサンの体内温度を37度にする必要があります。それによってイーサン自身の身体が壊れてしまう危険があるため、ジョンもモリーもやめるようにと言いますが、イーサンは、「これが僕の役目だったんだ」と言って、自らの温度を上げます。

イーサンのおかげで脱出できたモリー。イーサンはどんどん温度が上昇します。そこにモリーの子がやってきますが、イーサンは彼に逃げるようにと警告します。

というのがざっくりあらすじでした。

そして腑に落ちないこと色々。。。

  • オーディンは、研究所を爆発させるつもりで、告発ビデオを作っていたが、成功するかどうかをイーサンの気持ち次第(ボタンを押すかどうか)にするとか、ことが起こる前からビデオ作ってるなんて、調べられたらわかるような証拠を残すとかアホすぎる。絶対に外せない爆弾を仕込めるような奴がやることとは思えない。
  • 胞子の影響を受けない宇宙スーツはいつ開発されたのか?そして、その割には簡単に手袋とれちゃう。。。あんなに簡単に外れるような物でいいの?そして、ヘルメット取ってからも影響少ないし、ケイティの子の反撃もあんなもん?これまで大勢を犠牲にしてきたパワーがあるはずでは?
  • 結局モリーの子の狙いがわからない。彼は何がしたいの?モリーを助けるつもりはあったの?イーサンが助けなかったら自分が助けようと思ったの?
  • 感染しても時間がたつと大丈夫なの?モリーは帰ってきたけど、同僚はどうなった?つーか、普通に帰ってきたってことは胞子を持ち帰ったのではないの?
  • ヤスモト(真田広之)が前回で終わり?シーズン2にも出ないらしいが、彼の存在がむちゃくちゃ中途半端な感じで終わった

シーズン2はすでに放送が決定していて、WOWOWでも2016年に放送が決まってるそうです。
が、真田広之さんは出ないらしいし(あんな中途半端な最後?)、夫のジョンもはじめの方にちょこっと出た後出なくなるらしく、ほぼ新キャストが投入されるとか。
観ちゃうかもしれないけど、挫折する可能性も大ですねぇ。。。

イーサンは後半に向けて、ずいぶんカワイイキャラに変異していったんだけど、はじめの方の不気味さが消えた理由がよくわからなかった。結局アンドロイドと人間と宇宙の生命体の3種族の関係性も薄いような気がしたし。家族の物語というけど、モリーと子供(しかも謎の生命体)が中心で、「家族の物語」と呼べる要素は少ない気がしました。

しかしこのドラマを観て、モリー(ハル・ベリー)に共感できる人っているんだろうか?

真田さん、次回はもっと面白いドラマへの出演期待してます!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336