ゾンビ・アット・ホーム シーズン2 第5話 あらすじ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

社会派ゾンビドラマ BBCの『ゾンビ・アット・ホーム(原題:In The Flesh)』シーズン2第5話のあらすじです。
これまでのエピソードが見たい方はこちらからどーぞ!

シーズン1 第1話 第2話 第3話
シーズン2 第1話 第2話 第3話 第4話

『ゾンビ・アット・ホーム』はHuluで配信中(2015年7月現在)
海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

第6話でおしましなので、あと2話となりました。どんな結末が待ってるんでしょうか?
以下ネタバレが含まれますので、ご注意ください!

スポンサーリンク
広告336

ゾンビ・アット・ホーム シーズン2 第5話 あらすじ


ホテルの部屋で人を待つサイモン。相手は、PDS患者の過激派グループの仲間で、”最初の復活者(=キーレン)”を見つけたサイモンに、”予言者”からの動画メッセージを持ってきたのです。動画で予言者はサイモンにいいます。「お前は私に救われた。だから、今度は他人を救うのだ。12月12日12時に”最初の復活者”を殺せ。彼を殺さない限り、”第二の復活”はない”と。仲間から武器を渡されたサイモンは、戸惑いの様相を浮かべます。仲間が帰った後、サイモンはパニック症状を起こし過去の自分を思い出します。実験設備にいたサイモン・・・。

キーレンの家では、キーレンが化粧やコンタクトを外したまま食卓に座ろうとしたことで、ジェナや父親が席を外してしまいました。そこへ自警団のメンバーが病院でPDS患者を檻から出した疑いでキーレンを連行しにやってきました。疑いをかけられ、罪を認めるように迫られるキーレン。罪を認めないと施設に送還すると脅されます。キーレンの家族も、サイモンにそそのかされたキーレンがやったと疑っています。怒ったキーレンは、父親に「僕が怖いんだろ?」と投げかけます。父親は「キーレンが怖い」と認めてしまいました。

一方エイミーはフィリップを連れ出し、公園へ。手が震えるエイミーを心配したフィリップが「寒い?」といって、自分の上着を着せようとしますが、エイミーは「私には感覚がないの」と言います。

過去の記憶の中のサイモン。実はサイモンは、蘇ったゾンビの中ではじめて薬の効果が現れた被験者だったのです。医師の行っている行為によって、「元の状態」に戻れると信じて、彼は実験に同意します。実験が進む中、彼はのちの予言者となる人物の声を聞きます。「人間たちの言うことに騙されるな。彼らは嘘を言っている」と。
治験が行われる中、サイモンや他のPDS患者たちは家族との面会をさせられます。完全に人間に戻れてない姿で家族に会いたくないサイモンでしたが、仕方なく家族に面会します。しかし母親の姿がありません。実は治療を始める前に、蘇ったサイモンが自分の母親を殺してしまったのでした。
やがて、彼が施設を出る日がやってきました。父親に付き添われて実家に戻ったサイモン。父に母親のことを謝罪するサイモンでしたが、その場では謝罪を受け入れていたかにみえた父親が夜中にサイモンを追い出してしまいました。
行き場を失ったサイモンは、予言者の元へ。そこには病院で出会い、サイモンを予言者の元に誘った男や、その他の患者達がたくさんいて、サイモンを温かく迎えたのでした。

自宅軟禁されていたキーレンは隙をみて家を抜け出し、サイモンとエイミーの住む家に向かいます。サイモンを探してたキーレンは、サイモンの部屋で青い液体(ゾンビ化しちゃうドラッグ)らしきものを見つけます。そこに何やら荷物をもったエイミーが入ってきます。急いで薬を隠すキーレン。キーレンは、サイモンと自分が診療所の容疑者となってしまい、施設に送られるかもしれないということとエイミーに伝えます。さらにキーレンとサイモンの関係を話そうとしますが、エイミーは受け止めている風です。何か言いたげなエイミーでしたが、キーレンは自分が軟禁状態であるため、急いで家に帰ります。

実はエイミーは、ゾンビ化を止める薬が効かなくなってきていることを感じていました。このままではゾンビになってしまうと思い込んだ彼女は、テントを張り、そこにフィリップを呼び出します。フィリップに自分を殺すよう懇願したエイミー。ゾンビになって元に戻れなくなり、他人を殺してしまうのは絶対に嫌だと嘆くエイミーを、フィリップは自分の気持ちを押し殺し、ドライバーを握りしめます。その時、テントの屋根に空いた穴から雨が降り込んできました。
突然雨粒が自分の頬に当たるのを感じたエイミー。「殺さなくていい」と言われ、フィリップはひと安心。「人間の感覚が戻ってきた!」とエイミーは歓喜します。

一方マーティンは、ケンダルがサイモンたちがいたホテルから盗んできたDVDとメモによって、12月12日のことを知ります。その日は村の祭りが行われる日です。そして、偶然にも復活の日に現場に居合わせたのは、マーティンが宿泊しているホテルの主婦だということを知り、彼女から一人目の復活者が誰であったのかをききます。

サイモンは意を決したように、自宅に戻ると、武器の中から1本のナイフを選択したのでした。。。。。


以上 第5話のあらすじでした。

なるほど。サイモンにはそういう過去があったんですね。そして彼は12月12日どうしようというのでしょうか?キーレンを殺すのか?それとも・・・。

一方、エイミーとフィリップは初々しいカップルのようでとっても可愛らしいですね。そしてエイミーは確か配布されている薬ではなく、自分たちで調合した薬を打ってるんではなかったでしたっけ?これまでの震えや、食べ物への欲求は、「人間の感覚」が戻ってきたということだったんですね。
あれ?人間の感覚が戻ると、それって確かに”不死身の人間”になっちゃうってことですか?予言者が言ってたように、それこそが実は人間たちの狙いだったんでしょうか?永遠の命を手に入れる???

マーティンは弟がいるということが判明しましたね。時々お墓に話してたのは、弟だったんですね。彼女も第二の復活で弟と再会しようと思ってるのでしょうか?
そうすると、キーレンはマーティンにも狙われてしまうことになって、むちゃくちゃ大変なんですけど。。。。。

さあ、残り1話となりました。
見ると終わってしまうので、すぐには見ない。。。( ̄∇ ̄)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336