ウォーキングデット シーズン5 終わっちゃった〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Walking Deadシーズン5 終わってしまいましたね〜
いやぁ 何だか難しい話だよなぁ 
ずしんと感じてしまいました。
シーズン6 どういう展開になっていくのか、非常に興味がありますが、
日本も米国とほぼ同時進行で放送されてたので、シーズン6までは1年くらいは空いちゃうんでしょうね。
シーズン5の後編については、愛しのダリルの活躍がちょびっと少ない気がしたのは、気のせいでしょうか?
別行動が多かったからか、派手な見せ場が少なかったからか。。。。
<ここから先はネタバレが含まれます!ご注意を!>

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込


あらすじ:
ピートと揉めたリックは、住民に銃を向けてしまい、ミショーンにボカンと殴られて意識を失います。
リックの態度におびえた住民や、町を仕切るディアナは、リックを追放するかどうかを会議で決めることにします。リックの仲間たちはリックを残してくれるよう街の人たちに呼びかけたり、ディアナを説得しようとしたりしてがんばります。

そんな中、グウェンは勝手に外に出たエイデンを追って自分も外に出て行きますが、それはエイデンの罠でグウェンはエイデンに銃で撃たれ、そこにウォーカーの襲撃が!
一方 外にいたダリルたちは、額にWと刻まれた男たちの罠にはまり、ウォーカーに取り囲まれてしまいます。「俺が行く」というダリルに、アーロンは「一緒に戦う」と宣言し、二人でウォーカーの中に飛び込もうとした瞬間、二人に助っ人が!!!!それは何とリックを探していたモーガンだったのです〜!
戻りまして、グウェンですが、何とかウォーカーを交わし、エイデンに反撃。自分を殺そうとした相手を殺すか迷いますが、グウェンは彼を殺しません。傷ついた彼を補助しながら、コミュニティに戻ろうとするのです!

その頃、コミュニティでは、バカ神父が血迷ってゲートを開けたままにしたため、ウォーカーが侵入、それを見つけたリックはウォーカーと格闘の上、死骸を会議の場所に運んできます。「おらー、これが現実だぞー、目を覚ませ〜」って感じです。
そこへ怒り狂ったピートが入ってきて・・・・・。

というのが最終回でした。とりあえず、メインキャストが誰も死ななくて良かった。前半の最後でのベス、後半の最初の回でのタイリースと、かなり重い気持ちになったので、最終回でまた誰か重要な人物を失うのでは・・と(一番不安だったのはグウェンだな。なんか、フラグ立ってた気がして。。。)

で、正直リックのピートの妻への態度はちょっと怖かったなぁ。。。 なんていうか、え!そこで男出してくるわけ?みたいな。もちろんキャロルがけしかけたこともあるし、ピートは最低な奴だし、だけど、何だろう、ピートの妻(名前忘れた)への態度があからさますぎて、今まで父親として、みんなのリーダーとして自分は二の次だったリックのそういう部分がどうもしっくりこなかったんだよね。

ノアの死の原因でもあり、自分を殺そうとしたエイデンを助けたグウェンと、自分が惚れた女のため、そして色々なものを失って力で統率しようとするかのようにピートを撃ったリック。そして、すべての命が大切だと語り、ダリルたちを助けたモーガン。シーズン6で、どのようにこの3人が相容れてくのか、あるいは、離れてしまうのか、そして、額にWを刻む無情な男たちと、戦うことを知らないコミュニティの住人たち。次のシーズンも見逃せないわぁ〜。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336
スポンサーリンク
広告336