『オリジナルズ ファイナルシーズン』で登場人物たちはどうなった?まとめ

『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のスピンオフ 悪役のクラウスを中心としたマイケルソンズファミリーが主役となった『オリジナルズ』はシーズン5がファイナルシーズンでした。

最終シーズンはエピソードも13話と少なめでしたね。

オリジナルズ全話をU-NEXT で見終わったので、ファイナルシーズンおよびそれ以前のシーズンで主要な登場人物たちが最終的にどうなったのか、、、というのを備忘録的にまとめておこうと思います。

尚、ネタばれが含まれておりますので、閲覧の際はご注意くださいませ。
結末が知りたくない方は見ないでね!

オリジナルズは全シーズンが、U-NEXTで配信中です!

スポンサーリンク

『オリジナルズ ファイナルシーズン』で登場人物たちはどうなった?をまとめてみた

ざっくりファイナルシーズンのあらすじ

まずはざっくりとファイナルシーズンのあらすじを紹介。

前シーズン最終話では、クラウスとヘイリーの娘であるホープの身体から闇の魔力を持つホロウを追い出すために、それぞれの身体にホロウの魔力を閉じ込めたマイケルソン兄弟のクラウス、イライジャ、レベッカ、コールの4人は離ればなれに生きることを誓いました。

全員がニューオリンズを離れ、ホープとも会うことは許されないということでした。

そこから7年が経ち、幼かったホープもティーンに成長し、ミスティックフォールズのキャロラインが建てた学校に通っていました。

一方、平和な日々が続いていたニューオリズでしたが、ホープが起こした騒動をきっかけに、ヴァンパイアと狼、魔女達の間に争いが起こります。

そんな中、ホープは父クラウスに会いたいあまり、母親ヘイリーを隠す暴挙に。しかし、騒動はそれだけでは収まらず、ヴァンパイア純血至上主義者たちによって、ヘイリーとホープに危険が迫ります。

記憶を失ったイライジャはアントワネットという女性とパリで暮らしていて、クラウスが助けを求めても応じず、反対にアントワネットの母親に騙され、ヘイリーを失うことになってしまいます。

種族間の争いは一層ひどくなり、ニューオリンズの町は危険な状態に。ホープは家族を再結成させるために、危険な選択をし、その代償で彼女に死が迫ります。

彼女を死なせたくないクラウスは自らがその代償となろうとし、記憶を取り戻したイライジャもクラウスと共にホープを守ろうとします。

マイケルソンたちがどうなったか?まとめ

クラウス・マイケルソン

主人公のクラウスは、残虐な悪役キャラでありながら、子供が生まれてからはホープをとっても愛し、父らしくなっていました。

ホープと会えず、兄弟とも会えない日々でまた残虐キャラに戻っていましたので、何だか同情の余地なしな気もしますが、最終的にはホープに宿った闇を一人で引き受け、自分が死ぬことを選びました。

最後にキャロライン(特別出演)との別れのシーンが印象的でしたね。キャロラインからは「あなたが心底は悪い人ではないとわかってた」と言われてましたが、どうでしょうねぇ。。。w

そして最後は家族やホープに別れを告げ、一人でニューオリンズの町で杭を刺して死のうとしていましたが、イライジャが現れ、兄弟仲良く杭を差し合って灰になりました。

イライジャ・マイケルソン


クラウスの兄であるイライジャは異常なまでに弟思いで、紳士的な装いで、実は本質はすごく残虐なキャラクターでした。ヘイリーと愛し合っていましたが、イライジャの残虐性がホープに与える影響をおそれたヘイリーは彼と距離を置こうとしたことや、ホロウの闇対策で兄弟がニューオリンズにいられなくなったことから、ヘイリーと別れ、また自分が記憶があるとクラウスを助けてしまうことから、自分の記憶をマルセルに消去させ、記憶を失った状態でフランスに行きます。

そこで知り合ったアントワネットと恋仲になりますが、実は彼女の育ての親はヴァンパイア純血至上主義者でクラウスの敵だったのです。

彼女の母親がヘイリーとホープを捕らえた場所に、イライジャは騙されて現れますが、記憶がなく、ヘイリーを見ても自分が愛した女だと気付かず、自分の目の前でヘイリーが死んでしまいます。

記憶が戻ったイライジャは自分を責め続けますが、実は記憶を失ったイライジャの前にヘイリーが現れ別の女性として一度心が通ったことを思い出します。

最終的には家族やホープが幸せに暮らしていけると確信し、クラウスを一人で死なせたくないとクラウスと共に灰になります。

レベッカ・マイケルソン

次女のレベッカはニューヨークでマルセルと幸せに暮らしていて、マルセルから結婚を申し込まれます。しかし、家族の危機を知り、また幸せになることに躊躇してしまったために、マルセルの前から姿を消します。

しかし、家族の危機でニューオリンズに戻り、マルセルと再会。

クラウスが死ぬ前に、ミスティックフォールズにレベッカのためのキュアを用意したと言い、レベッカは夢であった人間になる選択肢を与えられます。

最終回では、レベッカはマルセルに結婚を申し込みますが、その条件として、自分がキュアを飲んで人間になることを許し、老いて死んでいく自分の側にいてほしい、と言います。

マルセルはそれを受け入れ、二人は婚約します。

フレイヤ・マイケルソン

長女のフレイヤは魔女で唯一ヴァンパイアではない存在でした。

フレイヤは家族のためにばかりで自分のことは二の次でしたが、紆余曲折あって、狼女のキーリン(女性)と結婚します。

共にニューオリンズを守ってきたヴィンセントとは親友で、自分とキーリンの子供をほしいと思ったフレイヤたちはヴィンセントに父親になってほしいと頼みます。

最初は躊躇していたヴィンセントでしたが、最終回で子供のために自らを犠牲にしたクラウスを見て決心し、彼女たちの申し出を受け入れます。

コール・マイケルソン

兄弟の中ではみ出し者的な存在だったコール。自分の愛するダヴィーナをマイケルソン一家に殺されてからは余計に家族を信じられなくなっていました。

しかし、ホロウによってダヴィーナは生き返り、二人は結婚し、別の場所で幸せに暮らしていました。

最後も家族の問題には巻き込まれたくないと逃げていたコールでしたが、クラウスの最後の夜には家族の元に現れて一緒に時間を過ごし、クラウスやイライジャとも和解します。

ホープ・マイケルソン

クラウスとヘイリーの娘であるホープは、魔女・ヴァンパイア・狼女というハイブリッド。キャロラインが作った学校に通っていますが、そこで知り合ったイケメンといい感じに。ところが彼はヴァンパイア純血至上主義者の母の命令でホープを騙していたのでした。

自分が父親に会いたいがために行った行為がキッカケで母親が死んでしまうという辛い経験をし、母を亡くし、父親と一緒にいられないことに耐えられず、闇の力を自分の中に取りこんでしまい、そのために死の危険に。

自らの抑えきれない衝動をぶちまけるため、ヴァンパイア純血至上主義者が集まる場所で魔力を爆発させますが、その際にたまたまそこにいた人間が犠牲となってしまい、狼の血が発動することに。

父親が死を選んだことに納得ができず苦しみますが、最後は父の死を受け入れます。

ホープが主人公のドラマ『レガシーズ』が制作され、現在シーズン3までU-NEXTで配信されています。

それ以外の主要人物たち

ヘイリー・マーシャル

厳密にいうと、ヘイリーもマイケルソンの一員ですが、一旦ここは別枠にしました。

クラウスとの間にホープを生んだことによって、ハイブリッドになったヘイリー。イライジャと深く愛し合いますが、彼の闇の部分がホープに与える影響を恐れ、距離を置こうとします。

イライジャが記憶をなくしてパリに行ってからは、バーテンダーと良い感じの仲になっていたようですが、実は一度パリを訪れ、イライジャには別の女性として再会。彼女のイライジャへの想いは消えてはなかったのです。

ホープと共にヴァンパイア純血至上主義者に捕らえられていた時に、ホープを守るために自らが犠牲になります。死ぬ直前にイライジャを目にしますが、彼は助けてくれません。

敵の指輪を外して自ら太陽の下に飛び出し、焼け死んでしまいます。

ヘイリーの死が悲しすぎて、辛すぎましたが、ホープが瀕死の状態で迷い込んだ死後の世界にいたヘイリーは幸せにしていました。ヘイリーは自分の両親やジャクソンたちと一緒にいたのです。これで少しは救われた気持ちになりましたね。

マルセル・ジェラード


マルセルはクラウスを父親のように慕っていましたが、何度もマイケルソン一家に裏切られたため、敵対する関係になってしまいました。

レベッカと共にNYへ行き、彼女に求婚するも振られたため、ニューオリンズに戻り、再びキングの座につきますが、種族間の争いが激化し、自分の立場も危うくなります。

一時期はソフィアというヴァンパイアが恋人でしたが、レベッカが戻ってからは別れてしまったようですね。

最終敵にはマイケルソン一家と組んで、ホープやニューオリンズを守るために奔走します。

すべてが終わった後、ニューオリンズの町を人間に返すことを決め、ヴァンパイアたちを率いて町を出ることに。同時にレベッカからの条件付きの求婚を受け入れます。

ヴィンセント・グリフィス

ヴィンセントはずっとニューオリンズの平和を守るために奔走し、自分のことは振り返りませんでしたが、ある占い師である魔女と心を通わせるようになります。

しかし、彼女はヴァンパイア純血至上主義者たちに騙され、ヴァンパイアにされてしまいますが、彼女はヴァンパイアとして生きることを拒み、死んでしまいます。

様々な辛い思いをしたヴィンセントはニューオリンズを去ることを決意し、親友であるフレイヤに告げますが、彼女はキーリンとの子供の父親になってほしいと言い出します。

自らの不幸を子供に継がせたくないと言って断ったヴィンセントでしたが、クラウスの行動を見てフレイヤ達の申し出を受ける決心をします。

ジョシュ・ロッサ

マルセルの右腕でずっとマルセル不在の間もニューオリンズの町を守ってきたジョシュ。

魔女や狼たちともうまくやっていましたが、ヴァンパイア純血至上主義者が現れたことで、平和な日々が終わってしまいます。

ヴァンパイア純血至上主義者にマルセルが捕らえられ、助けようとした助手はマルセルの血(ヴァンパイアを殺すことができる)が入った注射器が心臓に刺さってしまい、マルセルに看取られながら息絶えます。

死んでしまったジョシュでしたが、死後の世界で恋人と再会します。

カミ・オコネル

カミはシーズン3ですでに死んでしまっていましたが、シーズン4ではクラウスが見る幻覚の良心として現れます。

カミはシーズン3でヴァンパイアとなり、ルシアンの血によって死んでしまいました。彼女は死ぬ前にクラウスにこんな感じのことを言いましたね。

「怒りや虐待の連鎖は、、、あなたなら終わらせることができる そうすれば、娘のために光になれる。ホープ(希望)のために」

ダヴィーナ・キャンベル

ダヴィーナはシーズン3でマイケルソン一家の犠牲となって、死んでしまっていましたが、シーズン4でホロウによって生き返り、そのままコールとゴールイン!唯一といっていいハッピーな展開になりましたね。

魔女とヴァンパイアのカップルってうまくいくのだろうか、、、というのはさておきですが。。。


いかがでしたでしょうか?

なんか、書き出してみると色々忘れてる、、、気もしますが、思い出したい方はU-NEXTで全シーズンを観ることができますので、お試しあれ!

 

タイトルとURLをコピーしました