Heroes Reborn ヒーローズ・リボーン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

10月20日からHuluで配信が始まったばかりのHeroes Reborn (ヒーローズ・リボーン)。そうあの”Heroesヒーローズ”の続編です!
『ヒーローズ』は2006年からアメリカで放送され、『24 Twenty Four』を超える視聴者数を記録したドラマで、日本でも「ヤッター!」の台詞でおなじみの日系人俳優マシ・オカさんがブームになったりしましたよね。

そんなHeroesも2010年のシーズン4で「To Be Continued」とされながらも、シーズン終了後に打ち切りが発表されてましたが、この『Heroes Reborn』は全13話のミニシリーズということで、何人かのキャラクターはこのミニシリーズにも登場する純粋な続編なわけです。

ちなみに、シーズン4の最後から5年後を描いた作品なのですが、その間の5年間の間のある兄弟の話として、『Dark matters ダーク・マターズ』という全6編、各話5-10分のミニドラマが配信されていますので、こちらも合わせて要チェックです!

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

まだ私は第1話しか見ていないのですが、なかなか面白そうですよ!

ざっくりあらすじ

クレアの告白によって、特殊能力を持つ“能力者”たちの存在が明るみに出て5年。普通の人々と能力者たちが共存する新たな世界で、平和サミットが開かれようとしていた。ところが、その会場で、大規模な爆破テロが発生。そしてそのテロの犯行は能力者たちによるとされ、能力者たちは世間から追われ、身を隠すように生きていた。

そんな時代に新たな能力に目覚めた能力者たちと、能力者たちを狩ろうとする者たち、そして、巨大な陰謀と黒幕の存在。。。。

第1話の登場人物

ここから少しネタバレ入るので注意してください!!!
第1話からかなりの数の登場人物が出てきます。なので、結構誰が誰で・・・ってのが大変です。

■ベネットとクエンティン
クレアの父親ベネットはあのテロの中生き残り、身分を偽って車の販売をしており、婚約者もいたりします。しかし、あるとき自分をつけ回す男”クエンティン”の存在に気づきます。クエンティンはテロは能力者によるものではないと言い、ルノータス社の真実を暴くための情報をベネットが持っていると思っていたのですが、実はベネットは自分の記憶をハイチ人に消去させていたのです。
クエンティンはDark Mattersの主人公で、闇を操る能力を持った妹フィービーが行方不明になってから、ルノータス社について調べていたのでした。

■能力者たちを狙う夫婦
テロで息子を失ったルーク(『CHUCK』の主人公チャック)と、ジョアンの夫婦は、能力者たちに復讐するため、次々と能力者を見つけては殺すことに人生を捧げています。能力者たちの秘密の会合に潜り込み、全員を抹殺しようとしますが、一人逃れてしまった少年トミーを追います。しかし、トミーの能力によって異次元の空間に送り込まれてしまうのでした。

■トミー
母親と二人で暮らす高校生トミーは人や物を異次元の空間に送ってしまうという能力を持っていました。彼は何度も危険な目に合いますが、なぜだかいつも誰かに助けられます。彼を助けているのは、年老いた太った男。人を操る能力を持っているようです。トミーはまだ彼の存在には気づいていません。
トミーは、憧れの同級生に自分の能力を話します。

■カルロスとEl Vengador
カルロスは元軍人で勲章をもらったヒーローですが、実はトラウマからアルコール依存症に。しかし自分の兄が罠にかかって殺され、実は兄が”El Vengador”として、能力者たちを救っていたことを知り、その使命を引き継ぐことに。兄の息子も実は能力者。

■ミコとレン
日本人です!w
ミコは幼い頃失踪したゲームクリエーターである父を探すため、父が作ったゲームを探っている。そこに現れたゲーマー”レン”が彼女を”刀ガール”と呼び、彼の言う通り、刀を手に入れるとミコはゲームの中に入ってしまうのでした。そして、そこには捕らえられた父親が。レンと共に父を助けようとするミコ。

■モリー
ベネットたちが行方を捜したのは能力者を探すことができる能力を持つモリーでした。モリーは子供の頃サイラーに両親を殺され、マットに保護されていた少女(が、大人になったという設定です)。しかしモリーは捕らえられてしまいます。

という感じで、結構色々な話が同時進行なので、まだまだこれからって感じです。
ちなみにモヒンダーも実行犯として写真だけ出てきます!

そして、今回も日本人が出てきましたね!今回はマンガではなくゲームですw
ミコ役は京都生まれの祐真キキという日本人の方で、日本での芸能活動経験はなし。自らアメリカに渡り、100回以上のオーディションを受け、初めて受かったのが、ミコ役だったそうです。(ちょっと演技が頼りない気もしますが。。。。w)

そして、もう1人、レン役の俳優さん。内角徹(うちかど とおる)というこちらも日本生まれの純粋日本人の俳優さん。日本では無名ですね。
二人とも日本語はすごーーくナチュラル(当たり前ですが)ですね。ヒロや安藤君とは違ってw

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク
広告336
広告336
スポンサーリンク
広告336